アルバイト期間はどれくらい?

塾講師の雇用形態の中には契約社員や正社員など様々な雇用形態がありますが、アルバイトという雇用形態も存在します。
アルバイトの場合には、学生が講義終了後に働いたり、ダブルワークの方が働くケースが多くなっていますが、その期間は人によって違います。

学生の場合には入学してからすぐに塾講師で働き、その環境が適していれば大学卒業まで働いていることも珍しくはなく、4年間の勤続経験があるということも多いです。
フリーターの方やダブルワークで塾講師をやっている場合には、一年未満で離職する方もいれば、長年にわたってつづけている方もいます。
アルバイトの塾講師の場合何年続けるかはその人の生活状態によっても異なってくるのです。

アルバイトから正社員を目指そうとしている方の場合には、数年間の勤続経験の後に正社員になるということがありますが、ただの腰掛け程度と考えている方の場合には、かなり短い期間で離職することがあるのです。
塾講師のアルバイトは長年勤務を続けることで時給が上がったり、待遇もアップしていくので勤続年数が長くなることによってデメリットを被ることはありません。
好きな働き方をさせてもらえるのが塾講師のアルバイトの良いところです。